土日・祝日も診療。午後8時まで受付で安心。加賀野消化器内科・内科クリニック

2013年05月26日

デブなんて言わせない! ダイエット弁当のコツ

デブなんて言わせない! ダイエット弁当のコツ

どうのこうの言ったところで、人間は霞を食べては生きてゆけません。
「太っている」ということは、結局、「運動で消化できない分のカロリーを摂取した」ということなんです。
ただそれが慢性的にじわじわとオーバーしているのか?、普段はいいのだけれど不定期に突発的なオーバーを繰り返しているのか?、以前は消化できていた運動メニューが段々こなせなくなっているのに、それに合わせて摂取カロリーを変化させないためなのか?、摂取カロリー自体は範囲内なのだけれども、栄養のバランスが悪いために不完全燃焼を起こし、しっかりカロリーを消費できていないためなのか?、カロリー摂取の時間的なバランスが悪く、睡眠前に多量のカロリーを取ってしまうため、消費するいとまがなく蓄積されてしまうためなのか?パターンは人それぞれであり、それぞれのパターンに応じた対策が必要となります。
現状に満足していないなら、現在やっていることのうち何かは変化させないと、自分が望む変化は訪れません。
ただし、いきなり目標のハードルを上げ過ぎると挫折しやすくなるものであり、出来る範囲で少しずつ変化させていきましょう。
食事に関しては、一日を通して食事を並べた時に、定食屋さんで食べるような感じのバランスが取れているかをチェックしながら、今食べている量からの一割減を目指しましょう。特に、夕食(寝る時間に一番近い食事)からの炭水化物抜きは効果大です。
運動に関しては、一日10分の大股歩き(強歩)から、普段の歩幅より足一足分歩幅を伸ばして、太ももの裏の筋肉を意識しながら、背筋をしゃんと伸ばして両手を振って歩きましょう。10分も歩けば、じんわり汗が浮かんで呼吸がはずんできます。もちろん、きちんとしたエクササイズが出来るならさらに良しですが、ちょっとずつでいいので、毎日筋肉に負担を掛け続けることがコツになります。
タグ:FB覚書
posted by shirokuma at 11:08| Comment(0) | FB覚書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。