土日・祝日も診療。午後8時まで受付で安心。加賀野消化器内科・内科クリニック

2013年08月24日

笑いの効果

笑いの効果

理論派の救急医Hisaya Oyama 先生のレポートです。

今回は、「脳科学的な笑いの力」についてのレポートです。

気分って、伝染しますよね。
家庭の中にムードメーカーがいると、家族全体が明るくなります。
「向かい合う相手の行動は、自分の行動の鏡」
「相手をいい気分にしてあげると、自分もいい気分にしてもらえる」
「自分が幸せになるために、パートナーのことを幸せにする」
等々いろいろ言われていますが、実は自分の脳の中でも同じことが起きているんです。

人間の脳は三階建てになっており、
一番根元の部分に、生命活動の自動調節機能を受け持つ「脳幹+視床下部+小脳」=命の脳。
命の脳を包み込むように、本能的な行動や情動からくる感情を担う「大脳基底核、大脳辺縁系(古皮質&旧皮質)」=心の脳。
その外側をくるみこむように、高度な情報処理を得意とする「大脳新皮質」=理性の脳
で組み立てられています。
「命の脳」は、単純な自動制御回路の集まりであり、「心の脳」は、過去の経験から今の状態が生命維持に適しているかどうかを判断する現在を生きる脳であり、「理性の脳」は多数集められる情報を組み合わせて、未来を予測する機能を獲得しています。なので、「命の脳」と「心の脳」は、いま現実に直面していることにしか反応できないのですが、「理性の脳」は違います。現実には存在しないことでも勝手に作り出してしまう事が出来るんです。
通常では、「命の脳」から伝えられる体調に応じて、「心の脳」で情動や感情が形成され、その情報を「理性の脳」で処理する過程で感情が意識され、表情や行動に反映していきます。
ところが、「理性の脳」が勝手にありもしない不安を作り出し、「心の脳」から指示されていない感情を強く意識してしまうと、今度はその感情の情報が「心の脳」に逆流を起こして「心の脳」が勘違いを起こしてしまうため、「命の脳」に誤った制御が行われ、体調の変化が起こり、いわゆる不安神経症が発生します。
今回のOyama先生の提案は、そうした脳の構造を逆手にとって、幸せだと信じることで、実際の境遇とは関係なく心と体を安定した状態に導く、とても素晴らしい提案です。
今の境遇に満足しているなら、すでに幸福感に包まれているわけなのですが、何らかの不満や不安があるから心が暗くなる。その状況を変化させるためには、今やっていることのうち、何かを変化させていくしかないのですが、その新しい一歩を踏み出すのを不安な気持ちが邪魔をする。そこで、意識して微笑みを浮かべることで、「心の脳」に「大丈夫だよ、不安なことはないよ」という信号を送り、「命の脳」にかけられていた抑制を外して、必要な一歩を踏み出しやすくすることが出来ます。
明るく笑顔で、いい明日を掴みに行きましょう!


一刻一秒を争う救命救急や心臓や脳などの大血管障害、外科的な処置が必要な病気においては、「医者が患者を救った」と胸を張って言えるのですが、一般内科領域で病気を予防したり治したりするのは、「患者さん本人」なんです。
自然の理を無視するから、ならなくてもいい病気になる。
自らの恒常性を発揮させることで、病気から回復する。
一般の医師がやっていることというのは、病気に至るまでの道筋でなにが一番の障害となったのかを見極め、それを回避するためにどのような行動をとるべきかを指示する事だけと言ってもいいのです。
根本のところで言えば、「自分に優しく(甘えるのではなく)身体と仲良く過ごしましょう。」と言う話しです。
身体からの声に耳を傾け、自分の身体と仲良く付き合い、一緒にピンコロを目指しましょう!
タグ:FB覚書
posted by shirokuma at 17:19| Comment(0) | FB覚書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。